• GORILLA EFO

  • 受付時間:平日10時~18時0800-919-1199

1タグ設置でシニアフレンドリー フォームを使いやすくする「GORILLA EFO」

無料見積もりはこちら

EFOについて

近年では高齢者のネット利用率が向上しています。2018年には、60-69歳のネット利用率は76.6%に、70~79歳のネット利用率は51.0%になっております。(平成30年(2018年)通信利用動向調査 (総務省 令和元年5月31日発表)。シニアの利用を意識して、デザインやUIを設計したWebサイトも見受けられるようになってきました。

年代別通信利用動向

しかし、問い合わせフォームのユーザビリティについてはナレッジを持っている企業も少なく、いまだに改善されていないことがほとんどです。 そこで今、注目されているのが、「EFO(Entry Form Optimisation)ツール」です。

シニア世代に最適な「EFOツール」

■ポイント1 ユーザーの入力をサポート

EFOツールを導入することでフォームをユーザーが使いやすい状態へと変えることができます。
リアルタイムに適応されるサポートやエラーは、ユーザーのストレスを大幅に軽減し、入力完了までしっかりサポートします。

EFOツールイメージ

■ポイント2 ABテストで最適な機能が見つけられる

EFO機能のABテストが標準で搭載されており、「EFO機能を追加した項目」と「EFO機能がない項目」のABテストを行うことができます。テストの結果からフォームに適したEFO機能を見つけることができるため、ページに最適なフォームを作り出す手助けになります。

ABテストイメージ

■ポイント3 分析機能で改善点が分かる

3種類の分析機能からGoogle Analyticsでは分かりえない、項目ごとの離脱率やミスの内容などの詳細なデータを取得し、分析することができます。 蓄積されたデータは、フォームの項目変更や改善に役立てることができます。

解析機能イメージ

シニア世代を助ける「EFOツールの機能」

シニア世代に特に効果の高いEFOツールを一部紹介します。

入力フォーム上に完了までの残り入力項目数を明示することにより、入力に対する負担感を軽減します。

実際に入力完了率が上がった事例

■家電製品販売サイト

  • ・分析:導入した際、必須項目の未入力が多いことがわかった。
  • ・改善:必須をわかりやすくデザインに変更し、リアルタイムアラートや入力アシストの機能を導入した
  • ・結果:入力完了率26%UP

■宿泊予約サイト

  • ・分析:導入した際、フリガナの未入力やアドレスの入力ミスが多いことが分かった。
  • ・改善:フリガナ自動入力機能とメールアドレスサジェストを導入した
  • ・結果:入力完了率22%UP

■金融系登録サイト

  • ・分析:導入した際、住所の入力ミスや途中離脱が多いことが分かった。
  • ・改善:入力項目が多い為、入力アシスト機能を5種、ミス防止機能を6種導入した
  • ・結果:入力完了率が38%UP

導入している企業は550社以上

提携先一覧

EFOツールを導入検討される方へ

弊社のEFOツール「ゴリラEFO」は、月額9,800円という価格で、20機能が使い放題となり、様々な業種、業界のお客様に導入いただいております。


シニア世代をターゲットにされている企業様にも、 「導入前には、シニア世代から「フォーム入力のやり方が分からない。」という電話がかかってくることもあったが、導入してからはそういった電話がほとんど来なくなった。」と喜びの声を多数いただいております。


シニア世代はフォーム入力に対して、「入力する項目や内容が良く分からない」 「入力に時間がかかってしまう」「入力のミスが多い」 という悩みを持っておられますが、ゴリラEFOを導入することで、これらの悩みを解消できます。


また、ゴリラEFOの導入は、1タグを設置するだけと、非常に簡単にできます。 サポート窓口がありますので、初めての方も安心してご利用いただけます。


少しでもご興味を持っていただけた方は、 下記フォームより問い合わせいただければ幸いでございます。