売上2倍超 業界最安値EFO(エントリーフォーム最適化)ツール

1タグを設置するだけで、
今の入力フォームが最適な形に!
※2019年1月 ver3.0

EFO(エントリーフォーム最適化)とは?

EFOとは(Entry Form Optimisation)の略称で、入力フォームを使いやすい形に最適化していくことです。
フォーム入力はウェブページの中で最もストレスのかかる部分ですが、EFOツールを導入することで、既存の入力フォームに入力支援機能や離脱防止機能をつけ、ユーザーのストレスを大幅に軽減できます。
あらゆるページの成果改善に直結するEFOツールは業種業界に関わらず注目されています。

GORILLA EFOとは

GORILLA EFOは、EFO(エントリーフォーム最適化)ツールです

ゴリラEFOはサイトのユーザビリティから広告費のコスト削減までをサポートできるツールです。

1.サイトのユーザビリティが向上する
ユーザーのフォーム入力をアシストすることで、入力中のミスやエラーを減らします
2.入力完了率が上がる
ユーザーの入力負担を減らすことで、入力フォームの入力完了率を改善します
3.大幅な広告費の削減につながる
同じ広告予算でもコンバージョン数が増加する為、広告費を抑えることができます

お気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちらから

フリーダイヤル:0800-919-1199

受付時間:平日10時~18時

GORILLA EFO
3つの強み

  • POINT1 業界最高水準の入力サポート機能20種類
  • POINT2 圧倒的低価格。料金定額制
  • POINT3 スマートフォン対応の入力サポート機能17種類

ゴリラEFOを開発したブルースクレイ・ジャパンは、1996年よりSEMに取り組む全米No.1の企業グループです(TopSEOs 2014年)年間200社以上国内企業のWEBマーケティングコンサルを行っている経験から、本当に必要とされる機能を網羅出来るEFO(エントリーフォーム最適化)ツールを開発しました。

GORILLA EFOが生まれるまで

日本国内では、約11年間にわたり”顧客第一主義“を掲げ、Webマーケティングを研究・運用してきた中で、1つの仮説が浮かび上がりました。

Webマーケティングの運用だけでは限界がある。
そこで、GoogleAnalyticsであらゆる角度から分析をした結果、入力フォームでの離脱が70%近くあることが判明したのです。大急ぎで入力フォーム離脱率軽減をさせるべく、プロジェクトチームを発足させ、GORILLA EFOを約1年で完成させました。
と思ったら、まだ完成ではなかった。。。
テスト的にご導入いただいたお客様より「入力フォームの項目は適正なのか?」というご質問を頂戴しました。ただ、こちらのご質問にお答えするには”根拠”が必須。議論に議論を重ねた結果...
入力フォームの項目ごとに分析できる機能の追加
という回答が導き出され、さらに半年の歳月を経て、分析3機能を追加し、GORILLA EFOは完成されました。
GORILLA EFOの利用料金は?
というお話については、前述の通り弊社は、Webマーケティングの研究と運用をメイン業務としているため、あくまでもメイン業務のサポートツールとして”業界最安値”でご提供させて頂く事を決めました。

お気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちらから

フリーダイヤル:0800-919-1199

受付時間:平日10時~18時

GORILLA EFO機能一覧

GORILLA EFO Ver.3.0 ※2019年に機能追加

人気の基本機能

フォーム上に完了までの残り入力項目数を明示することにより、入力に対する負担感を軽減します。

ガイドナビゲーション

名前を入力するだけで自動的にフリガナも入力されます。入力する項目を減らし、ユーザーへの負担を軽減します。

自動フリガナ入力機能使用図


郵便番号を入力するだけで、その後の住所を自動で入力補完するため、ユーザーへの負担を軽減します。

住所自動入力使用図

    

入力の成功を項目ごとにリアルタイムに表示します。

メールアドレス入力欄でよく使われるドメイン候補を表示します。

メールアドレスサジェスト使用図

必須項目に未入力や入力ミスの項目があると送信ボタンをクリックできないよう制御。その場で修正することが可能となります。

この内容で申し込む
未入力の必須項目があります

入力アシスト機能

一番最初に入力させたい項目にカーソルが当たった状態になります。
(マウスで指定する必要がなくなります。)

初期項目フォーカス使用例

全角指定の項目と半角指定の項目を自動的に変換することができます。
※スマートフォンはその他の機能で対応可能です。

半角全角自動変換使用図

入力項目にフォーカスした際に、文字入力モード(日本語/英数字)を自動的に切り替える機能です。

入力自動変換使用例

入力中の項目の背景色を変化させる機能です。

入力時背景指定使用例

スマートフォン向けフォームで入力キーボードを最適化する機能です。

スマホキーボード変換使用例

ミス防止機能

ユーザーが入力ミスをしたその場で通知を行う機能です。

リアルタイムアラート使用例

ユーザーが入力中の項目の入力形式をその場で表示する機能です。

入力形式事前指示使用例

必須項目およびエラーのあった項目の背景色を変化させる機能です。

エラー時背景指定使用例

項目の中に入力サンプル(プレースホルダー)を表示する機能です。

初期表示文言指定使用例

離脱ブロック機能

入力フォームから戻るボタンやブラウザの閉じるボタンなどをクリックした際に確認ダイヤログを表示することができます。

離脱ブロック使用例

その他機能

入力フォームの送信ボタンのデザインを変更する機能です。なお本機能はサブミットブロックとの併用も可能です。

送信ボタンデザイン変更使用例

入力フォームをチャット風にすることで、入力のしやすさが向上し入力完了率を改善します。

チャットフォーム使用図

ポップアップ機能は【ページ流入時】と【一定時間未操作時】の2つで画像やリンク等の、ポップアップを表示させることができる機能です。
また、【画像のABテスト機能】もある為、どちらの画像のほうが良いか効果を図れます。

ポップアップ機能使用図

簡易フォームは離脱アクション(戻るボタン)を行った際に、簡易的な入力フォームを表示させる機能です。
情報を入力後、フォームを送信するとクライアントへ問い合わせがあった旨のメールを送信します。。

簡易フォーム使用図

GORILLA EFOのフォーム分析機能

デバイス、ブラウザ毎に、訪問数や直帰率、離脱率、完了率、完了までの所要時間を確認したり、どの項目で入力エラーをしているのか、どのタイミングで入力フォームから離脱しているのかなどを知ることができ、フォームのさらなる改善に役立てることが可能です。
※レポートはそれぞれCSVで出力することができ、図は様々な画像形式で出力することができるため、資料作成にも簡単にお使いいただけます。

指定した対象期間の分析データを閲覧できます。入力フォーム改修前後のデータやマーケティング戦略変更前後のデータを見比べることができ、エントリーフォーム最適化に役立ちます。

期間別レポートイメージ

入力フォームの項目別に分析データを閲覧できます。どこの項目に問題があるか知ることができ、入力フォーム項目の改善に役立てることができます。

項目別分析レポートイメージ

ブラウザ毎の分析データを閲覧できます。ブラウザ別レポートから問題のあるブラウザを見つけることができ、ブラウザ毎の最適化ができます。

ブラウザ別レポート

お気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちらから

フリーダイヤル:0800-919-1199

受付時間:平日10時~18時

導入改善事例

GORILLA EFO導入により多くの企業様が入力フォーム改善に成功しております

GORILLA EFOの継続率はなんと98.9%!! 業種/業界に関わらず、ご導入いただいた入力フォームのコンバージョン率改善につながっており、中には、1ヶ月のコンバージョン率が80%改善した事例もあります!

業界ごとの改善事例

考えていたよりも簡単に導入できて、
成果改善できました

株式会社アンチエイジングラボ 松尾直樹 様
CVR・CPAが悪く運用代理店経由で広告改善を行っていたのですが、イマイチな成果が続いていました。
状況を打開するために調べ回っていたときに知ったのがGORILLA EFOでした。
EFOツールというもの自体知らなかったのですが、担当営業の方から詳しい話を聞き導入が簡単な点、今のページのデザインなどを変えることなく成果改善に繋げられると知り、試しに導入を行いました。
結果、CVRが2.1%改善、ROASも約2倍になりました。
  • ゴリラEFO 導入前
  • ゴリラEFO 導入後

エントリーフォーム最適化をすることで
広告費を無駄にせず、
大幅な成果改善が期待できます

GORILLA EFO 導入企業

導入企業多数
導入企業一覧

その他実績

◉セミナー登壇と書籍出版(ウェブ解析士協会共同 )

■アクセス解析セミナーに登壇
大阪「マイドームおおさか」にてウェブ解析協会が開催する「自社サイトを”コスト”で終わらせない為に…」 セミナーに登壇致しました。2019.5.25
■書籍が出版されました
「自社サイトをコストで終わらせないために ウェブ解析士の事例発表集(29)」の中でゴリラEFOツールについて執筆致しました。2019.8.8

GORILLA EFO 料金と導入の流れ

月額利用料9,800円 1アカウントで5フォームまで導入いただけます

契約期間 6ヶ月~
(6ヶ月経過後、6ヶ月ごとの更新)
初期費用 30,000円
月額利用料 9,800円 / 1アカウント5フォームまで ※スマートフォン・PCかかわらず5フォームまでご利用いただけます。
※6フォーム目からは2フォーム追加ごとに、5000円/月頂戴いたします。

導入は簡単。タグを設置するだけ!!
ご利用のフォームを変更する必要はありません。
最短10営業日程度で開始できます。

STEP1 お申込み
ご契約内容をご確認いただき、お申込みいただきます。
STEP2 アカウント発行
アカウントを弊社より発行後、お送りさせていただきます。
STEP3 タグ設置
対象のページ導入に弊社からお送りしましたタグを設置いただきます。※設置に関してのご相談も承ります。
STEP4 本番反映
ツールを稼働させます。

お気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちらから

フリーダイヤル:0800-919-1199

受付時間:平日10時~18時

よくある質問

Q導入は大変?
Aタグを設置するだけで導入可能です。ご利用いただく機能を設定する必要はありますが、弊社にて代行も可能です。
Q導入できないフォームは?
A基本的にjavascriptが埋め込める入力フォームであれば導入可能です。
Q個人情報の取り扱いは?
A弊社にて入力情報の取得は行っておりません。入力のログデータのみ取得しております。
Qツール側の障害で入力フォームの挙動がとまることは?
A万が一ツール側の障害が発生したとしても、入力支援機能が作動しなくなるだけで、入力フォーム自体が動作しなくなることはございません。
Qスマホの対応は?
Aほぼすべての機能がスマホでも対応しております。
Qフィーチャーフォンの対応は?
A対応外とさせて頂いております。
QFlashでフォームを生成している場合は?
Aご利用いただけません。
Q複数の入力フォームがある場合は?
APC、スマホ問わず同一ドメイン内であれば5フォームまで同一料金にて対応致します。
Qセキュリティは大丈夫?
Aフォームの入力チェック・入力支援の設定・フォームの利用ログ以外の情報は取得していない為、個人情報漏洩の心配はありません。
Q集計データはリアルタイムですか?
Aリアルタイムです。
Q自社サーバーに導入できますか?
A現状ASPのみでのご提供となります。

弊社サービス

弊社BRUCE CLAY JAPANでは、EFOだけでなく、集客からコンバージョンの改善まで総合的なwebマーケティングを行なっております。

会社サービス

SEM(サーチエンジンマーケティング)
SEO / 検索連動型広告 / ディスプレイ広告 / SNS広告 / 動画広告 / 広告クリエイティブ etc
クリエイティブ制作
LP制作/バナー制作 / LPOコンサル etc
リード獲得
GORILLA EFO / CALL SCOPE etc
総合Webコンサルティング
BRUCE CLAY

各サービスのお申し込みも受け付けておりますので、何かお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。